日経225

寄付き裏技手法

 

日経ミニで

8時45分の朝の寄付き後にチャンスが来たら仕掛けます。

場が開いた後です。

この時間、朝8時45分前後~9時過ぎまで、チャートを見れればトレード可能です。  

早ければエントリー後2~3分で決着がつきます。

寄付き裏技手法(+新バージョン)

 

私自身が6年ほど前に発見したある手法です。

2018年の春ころ、限定100名の方に特典としてお付けしました。

それがオリジナルバージョンになります。

 

今回はオリジナルバージョンに加えて、

今の相場状況に合わせて若干修正を施した

「新バージョン」もお付けいたします。

 

他では一切見たことも聞いたこともありませんし、

ほとんどの方が知らない手法だと思います。

 

なぜそんなことが言い切れるのかと言いますと、

6年の間、ほぼ有効に機能しているからです。

それが何よりの証明です。

 

ただしチャンスはそれほど多くありません。

実は6年前くらいから3年ほど前までは週に1~2回ほどは出ていて、

私は連戦連勝でした。

 

友人にも教え、大変喜ばれました。

しかし一昨年くらいから回数はぐっと減ってしまいました。

平均するとだいたい月に2~3回あればよい方でしょうか。

 

 

チャンスの回数が減ってきたときには、「もう使えない手法かな?」

とも思っていましたが、最近の相場でもまだ機能することがわかっています。

 

直近では

2020年10月30日にサインが出ました。

エントリーから決済まで25秒しかかかっていません。

値幅は10円です。

 

 

 

 

 

理論もわかりやすくシンプルな手法です。

 

やり方は

日経ミニで8時45分の朝の寄付き後にチャンスが来たら仕掛けます。

場が開いた後です。

この時間、朝8時45分前後~9時過ぎまで、チャートを見れればトレード可能です。  

早ければエントリー後2~3分で決着がつきます。

 

エントリーした後は、5~20円程度で決済しても良いですし

時間があるのなら、さらに利益を伸ばすチャンスもあります。

 

スマホでも大丈夫です。

ただし、楽天証券のispeed先物というアプリが必要です。

私もスマホだけで何度もトレードしています。

 

1回で狙う利益幅は5円から20円程度が安全で

ロスカットもその程度です。

ミニ1枚として1回あたり、500円から2千円くらいでしょうか。

 

 具体的な内容はネタバレになるので述べませんが、

●分足のチャートに●●を表示させておき、●●が●●になったらエントリーです。

エントリーチャンスかどうかの判断は一瞬でできます。

10秒もかかりません。  

 

また寄付きの数分前から、

今日はエントリーの可能性があるかないかはわかりますので、

今日はなさそうだと思えば、あとは見る必要はありません。  

 

エントリーチャンスは少なくなってきていますが、

勝率が高いので、知っておいて損はない手法だと思います。

 

新バージョンは

最近の傾向に合わせて修正をしたものです。

これによりマーケットインパクトも回避しています。

これをセットでお付けいたします。

この教材は非売品です。

別コースの特典として

お付けしているものです。

こちらのコースに含まれています。

 

「寄付き裏技手法」はチャートリーディングとセットで習得することでより精度が上がる手法です。

現在、以下のコースの特典としてお付けしています。

SBSトレードテクニック

動画ライブラリー1st

チャートリーディング

特別攻略パッケージ